ポリゴン ピクチュア ズ。 なぜポリゴン・ピクチュアズは、3DCGアニメ業界の先駆者になれたのか? 創業35年の歩みと展望を聞く

ポリゴン・ピクチュアズ 塩田周三代表に聞く、コロナ時代の新しいワークフローとアニメ業界の今後

2010年、ポリゴン・ピクチュアズ入社。 圧倒的なクオリティとは何か。 相変わらずマシンの計算力は必要ですが、会社のワークステーションにリモートでアクセスして計算させ、その差分を自宅のPCに送るという形で、ほとんどレイテンシーなく、セキュリティも担保できる体制を整えました。 国内他社との差別化にもなりますしね。 守屋 日本にはセルルックCGアニメを作る会社が何社かありますが、近年では世界で一番多くの作品数を作ってきたスタジオだと思います。 『』(2003年)• 1999年㈲ティー・エヌ・ケイ(現㈱ティー・エヌ・ケイ)で作画(原画)を始めるが挫折。 既存のCPUレンダラーでプロジェクトを進めた場合、かなりのレンダーリソースが追加で必要になることがわかった。

Next

ポリゴン・ピクチュアズ塩田社長と現役アニメーターが激論

塩田:元々、最初の2ヶ月近くは研修期間で、リモートでも研修はできるだけ従来と同じようにやろう心がけていました。 塩田:だったら「3DCG でつくります」って言わなきゃ良いんですよ(笑)。 例えば誕生日をテーマにした場合、小道具として用意したケーキにハッピーバースデーと書くわけにいかず、何のお祝いのためのケーキなのか分からなくなってしまうんです。 彼は新しいことへの挑戦が大好きなんです。 1997年3月12日、と(後の)から出資を得て、3社合弁による3DCG制作会社、株式会社ドリーム・ピクチュアズ・スタジオ(DPS)を()に設立し、総制作費80億円のフルCG映画の企画に取り組んだが、1999年、映画は完成することなくDPSも解散。 Bhd. 社長メッセージ ポリゴン・ピクチュアズは「誰もやっていないことを圧倒的なクオリティで世界に向けて発信していく」ことを創業理念として掲げ、「誰もやっていないこと」「圧倒的なクオリティ」「世界」「発信」、それぞれの観点から時代のニーズを精査し、精一杯背伸びをしながら、更なる高みを目指し30年間活動して参りました。 彼らは別々の会社で働いていますが、仕事が終わったらパブで交流しています。

Next

ポリゴン・ピクチュアズ塩田社長と現役アニメーターが激論

だとしたら、そのバジェットを得られる北米市場で勝負をかけるしかない。 シドニアで副監督を務めた瀬下寛之さんや、プロダクションデザイナーの田中直哉さんが休み時間に描いてくれた、大量のシドニアのスケッチをご覧いただき、なんとか熱意を伝えてアニメ化の承諾をいただきました。 あくまで平均値なので、職種やプロダクトによっても異なりますし、中にはオフィス勤務の時と比べて100%を超えている人もいれば、70%に達していない人もいます。 1589• だから北米を中心に営業を始めたわけです。 『劇場版サルゲッチュ 黄金のピポサル・ウッキーバトル』映画(2002年)• 1408• その時にどちら側に視点を置くかで、個々人や企業の10年後が大きく分かれるのではないか。 ーー新しいワークフロー開発のために前々から準備していたものが、今回力を発揮してくれたような感じでしょうか。 とりわけ音声関係などの一斉に集まることを前提にしていた場面をどうするのかということです。

Next

ポリゴン・ピクチュアズ 「社員クチコミ」 就職・転職の採用企業リサーチ OpenWork(旧:Vorkers)

』CGパート制作(2020年)• あるいは全員リモートではこれ以上は難しいという感触でしょうか。 技術的な問題でこれ以上生産性があがらない部門もあるでしょうし、逆にもっと上げられる部門もあると思います。 基本的なスキルを覚えさせるためのマニュアルを作る必要があるのでは」と課題を述べた。 』『シドニアの騎士』『亜人』『ロスト・イン・オズ』『トロン:ライジング』『スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ』、他多数。 言語は英語になるが、外国人比率が高い PPI では大きな問題にならなかった. そんな人さえいれば、日本人はきめ細かくて真面目だから、もっともっと仕事を引っ張ってこられるはずです。 ですが、今後は 3DCG アニメに純粋な作画を盛り込む比率がどんどん上がっていくと思いますし、上げるべきだとも思います。

Next

ポリゴン・ピクチュアズ

イベント開催の意図について、主催者の1人であるWATARI特許事務所代表弁理士の石渡 広一郎氏は「世界に誇れる文化として日本のアニメが存続するために、多様な立場の当事者が集い議論することで、業界の課題を共有したい」と語った。 その後も、『亜人』、『BLAME! 早速、色々な国内のアニメ関係者と話をしはじめました。 ポリゴン・ピクチュアズ代表作:『GODZILLA 星を喰う者』『BLAME! 『』ミュージックビデオ制作 2014年• 『』(2010年)• TVシリーズ『』製作(2016年)• (C)2018 TOHO CO. 技術的な問題でこれ以上生産性があがらない部門もあるでしょうし、逆にもっと上げられる部門もあると思います。 『エヴァンゲリヲン 新劇場版:序』(07年・演出協力)、OVA『真救世主伝説 北斗の拳:第四部 トキ伝』(09年・監督)、『魔法先生ネギま! マーケットに関して言うと、今はライブで体感するものは軒並みできませんが、人間は集まって楽しみたいという欲求を持っていますし、ライブ空間のオンリーワンな体験の価値にお金を使いたいというのは、これからも続くはずです。 3Dゲームが出た時に気持ち悪いと言われた時もあったし、新しいものが出た時に以前の体験由来の違和感はあります。

Next

「空挺ドラゴンズ」TVアニメ化決定!2020年1月から放送開始! シドニアの騎士スタッフが集結、制作:ポリゴン・ピクチュアズ

本作でも引き続き ピングー語という独自の言語(非言語)が使われているため、世界標準となる英語を始め 一切の言語的表記が許されない映像作品制作の難しさを痛感したのだ。 385• どちらにも人という字を当てる。 プロデュースを担当するのは、映画版シリーズを手がけたレジェンダリー・ピクチャーズ。 』全体としてはアニメーションのコマ数は可変としていて、アクションシーンでは滑らかなフルアニメーション、ドラマシーンではリミテッドという形で使い分けが行われている。 設立後の数年間はレーザーディスクの映像作品制作やPOP広告向けのDTP 開発がメインで、あまり CG らしいことはやっていませんでした。 『』 NHK教育テレビ(2008年 - 2015年)• そこで、これまでと違ったアプローチをして、大きなマネタイズができないか検討しました。

Next