怖い話 実話 短編。 怖い話実話短編集|甲塚君の後に…

【怪談】ルルナルの短編名作怪談 【怖い話8話収録,怖い話,都市伝説,ホラー】

怖い体験談まとめブログ つづいては、怖い体験談です。 そこにボボボボボボボと、うるさい車が横に停まりました。 そこには当然誰もいませんでした。 今回は笑える怖い話でなく、ただ怖かった話です。 元々腰痛持ち…まあ、椎間板ヘルニアって奴です。 人間の怖い話を短編でどうぞ【サイコ!車の中に居た人が……。 Aに鍵を空けさせて、おじさんは部屋の中に入りました。

Next

人間の怖い話を短編でどうぞ【サイコ!車の中に居た人が……。】ガチ実話

そこには、凄まじい衝撃の光景が広がっていたのです。 嘘だよな。 凄まじい目つきをしたスキンヘッドの男が後部座席に座っていました。 今思い出しても、友人は凄い人生を送っているなと思いますね。 なんかかなり力の強い霊やわ…でもな、始末が悪いのが、その力が必ずしも甲塚君にとって善く働いてるわけじゃないみたいやねんな…守ろうという意思はあるみたいなんやけど…甲塚君にかなり執着あるみたいに思うわ…』 嫌だなぁ、嫌な事言うなあ…とおもいましたけど、もしかしたら私の体調不良は霊障の一種なのかな?と思いもしましたね。

Next

【実話】超怖い話・怪談(短い)『家の女』

おじさんが嘘だろと目を見開いた時、女の人の声で「もしもし」と聞こえてきました。 守ってくれてるんだと思って、たまに思い出すことを心がけるようにしました。 「見るなって言ったでしょ!!!」 「こ、こえぇええ!! なんなの、あの人? いや、人か?」 「人なのは間違いないですよデブ」 「デブって言うなよ!!!」 やっぱ一番怖いのはお化けや幽霊じゃなくて生きてる人間ですね。 怖い話実話短編集|原因不明の体調不良 実話怖い話短編集|甲塚誓ノ介体験談シリーズ『甲塚君の後に…』 これはねぇ、今から7、8年前の話なんですけどね… 私の体験談に度々登場するSさん絡みの話なんですが… Sさん、非常に霊感の鋭い人なんだなあ… 私もね、今までの人生で変なモノを見たり聞いたりしてきてるんですけど、私なんて比較にならないくらい、Sさんは色々経験してきてるんですよね。 で、ある日ふと思い出してね、Sさんに聞いてみました。 『Sさん、まだおばちゃん憑いてる?』 するとSさん、 『うん、憑いてるよ』 と即答。

Next

【怪談】ルルナルの短編名作怪談 【怖い話8話収録,怖い話,都市伝説,ホラー】

電気をつけて確認して見ると、それはマネキンの頭でした。 いやその理由が、うちに電話を掛けると女の人が出るからなんだって、でもうちに女の人なんかいないし、どうしたらいいかな。 Aに話を聞くと、どうやらここに引っ越してくる前に住んでいた場所で、ある日酔っ払ってマネキンの首だけ持って帰ってきてから、なぜか捨てられず、マネキンの首をこのアパートまで持ってきてしまったということだった。 それも一人じゃなくてかなりの数のやつが言ってくるうんんだよ。 今回の話は、私がSさんから言われた事なんですが… 原因不明の体調不良 今から7、8年前、私、急に体調を崩しましてね。 今回の特集は時間的にもお気軽に聴いていただける 短編怪談の名作を朗読しました ルルナルチョイスです 下記のお話の時間をクリックすると、その話が始まるところから聞けます。 聞こえますよ」 俺はそういいながら、後部座席の窓から横の車を見ました。

Next

人間の怖い話を短編でどうぞ【サイコ!車の中に居た人が……。】ガチ実話

そのマネキンを捨てることに成功しました。 ちゃんちゃん。 『もしかしたら、何代か前の人かも知れんなあ…多分、守護霊的な感じの霊やと思う。 でも、この7、8年前の体調不良はかなり酷くてね。 8本立てでお送りします。 でも、私も弱いながら見える方なのに、わからないもんなんですねぇ… なんか、爆弾を抱えてるような気もしますが、そんな人生も面白いじゃないですか。 それでは行ってみましょう。

Next

怖い話まとめブログ【3分で読める実話の短編集だよ!】

Sさんは話を続けます。 スポンサードリンク この時携帯電話はまだ一般的ではなく、家に固定電話を繋いでいる家がほとんどでした。 それから女性が咽び(むせび)泣く声が聞こえた瞬間、おじさんは怖くなって電話を切りました。 そして、Aの部屋には明かりも何もついていませんでした。 しかし、全く何にも心当たらないんですよね… 私の親戚筋で私と関係深い人は、まだみんな生きてますからね。 」と言って、公衆電話に駆け出しました。 怖い話の王道ですね。

Next

怖い話実話短編集|甲塚君の後に…

Aの家は古い木造のアパートですがそんなに汚くはありませんでした。 まあ、仕方ないですよね。 そのどれもが軽度なんですが、まあ、やっぱり合わせ技で時々体調不良になる。 ハイエースに乗り込み、50キロくらい先の目的地に向かっていました。 】ガチ実話 その日、僕はは先輩二人と出張に行くことになっていました。 「あんた誰?そこAの家だよ。 べろべろと。

Next

怖い話まとめブログ【3分で読める実話の短編集だよ!】

もしかしたら、母方関係の人なのかな?とも思いました。 おいって」 おじさんはAの狼狽えるのをみて楽しくなりしばらく一人芝居を続けていました。 で、どうすりゃいいのか?ってなりますよね? もちろん、聞いてみました。 ルルナルです。 それだけならいいんですけど、頚椎、胸椎にもヘルニアを抱えてましてね。 絶対に見ないで下さい」 「う、うぁああああああああああ!!!!」 先輩は青信号になった瞬間、すごい勢いで発進した。 その時です、おじさんの耳にガチャリと受話器が取り上げられた音が鳴りました。

Next