体位 ドレナージ。 体位ドレナージ(排痰法)の方法をわかりやすく解説

無気肺に対する看護のコツ!肺炎や術後に注意するポイント | 気楽な看護/リハビリLife

また、痰が気管まで出てきたら、 その都度吸引を行います。 痰の色から原因を分析 痰ができる原因には様々なものがありますが、これらの原因はなんと痰の色を見ることで分析することができます。 体動困難な寝たきり状態:動けないので、肺の背中側に痰が慢性的に貯まります。 どの体位の場合も患者さんにとってストレスが少なくなるよう、大枕・小枕・三角枕などを使い分け、胸郭が広がりやすく、体幹も四肢も圧迫しない体位を保ちましょう。 図で示すように、末梢気道に痰が閉塞したのであれば、まずは中枢に移動させる必要があります。

Next

体位ドレナージの準備(排痰ケア)

患者さんの状態に合わせ短時間から始めても良いでしょう。 「圧迫性無気肺」もよく多く起こりうる状態ですが、これに関しても気道に痰があるわけではないので吸引しても何も引けません。 人工呼吸器管理中の場合、気管内挿管・気管切開中のことが多く、体位変換時の抜管事故を防ぐため必ず2人以上の介助で行う• そのため、喀血時だけは例外的に病変を下にする必要があります。 しかし、リアルタイムで痰が詰まった時、酸素化が低下した時に、理学療法士がその場にいるとは限りません。 書籍には、いろいろな図が書いてありますが、要は、 体位ドレナージのポイント 痰があると思った部位を上側( 体位変換)にして、苦しくない姿勢をとって( ポジショニング)、重力で痰を移動( ドレナージ)させるだけです。 無気肺にも種類があり、看護として即時的に解除できる場合や、治療の効果を待たないと対応できない場合があるので、簡単に整理してみました。 またベッドと体重との圧迫により肺の背側は換気量も少なくなり、無気肺を生じやすく酸素化能も低下します。

Next

体位ドレナージ(排痰法)の方法をわかりやすく解説

深く考えるより、 痰の貯留部位を特定することが何よりも重要とうことです。 痰の多くは肺の背中側( 下側肺障害と言います)に溜まってきます。 痰ではなく血液が中央の気管になだれ込んでしまった場合、窒息してしまうリスクがあるからです。 簡単に書くと、ビー玉を転がして穴に落とすような感覚です。 体位ドレナージ後の評価を行う• 呼吸管理・人工呼吸管理のカテゴリーで体位ドレナージについても説明があり、また臨床で必要になる看護技術が51項目も紹介されているので、ほとんどの分野で活用できる内容です。 改善したこと確認することが大事なのですが、それよりも 悪化させていないことも確認する必要があります。 これらの患者様は特に注意が必要です。

Next

体位ドレナージの準備(排痰ケア)

胸部レントゲン写真、動脈血ガス分析値、肺機能検査結果など• その他にも、基礎的な看護技術を学びたい看護師のために、おすすめの参考書をまとめていますので、是非こちらも確認してみてくださいね! 関連記事(PR含む). 体位を変えたことで、すぐに多量の痰が出ることもあるので、いつでも吸引ができるように準備しておきましょう。 胸部レントゲン写真• 体位による低換気・気道閉塞から呼吸抑制を起こすリスク• 仰臥位で背側に痰が貯留しやすいため、患側を下にした側臥位が効果的である 人工呼吸器装着中の患者の場合• 体位ドレナージが可能か患者の全身状態をアセスメントし、必要性について評価する• 呼吸理学療法を行う(体位ドレナージを中心に)際の必要物品や援助のポイントについて理解する• ですので、離床することで、肺の背中側を随時解放して、その都度痰を出しやすくすることが重要です。 肺の構造(気管支の分岐と肺葉の配置)を立体的にとらえ、痰の貯留した 肺葉が気管支分岐部より高い位置になるように体位を決めます。 原発性肺水腫• 痰の核出とフィジカルアセスメントによる効果測定 姿勢変換を行ったり、吸引をした後は、確実に再度フィジカルアセスメントをしてください。 常に患者の顔色や訴えを把握し、異常の早期発見に努める• 脳卒中:特に急性期は、嚥下機能の低下などで痰が核出できずに無気肺になってしまう可能性があります• 後上葉区(上~下葉区、後肺底区):前方へ45度傾けた側臥位• 「痰があったので、体位ドレナージをしたら血圧が下がった。 体位ドレナージは病棟では頻繁に行われるケアではありませんが、必要になったときは今回紹介した記事を参考にしてみてくださいね。

Next

体位ドレナージの準備(排痰ケア)

内容はオールカラーで写真で説明されており、 2015年に改定されているので最新の情報が紹介されています。 私が入職した11年前当時、排痰と無気肺予防のためには「とにかくタッピング」でしたが、現在ではタッピング単独の効果は疑問とされ、呼吸状態・軌道内分泌物(以下「痰」と表記)の貯留状態を観察しながら気道内吸引、体位ドレナージ、スクイージング、本人の意識があればハッフィングや深呼吸を組み合わせて 呼吸理学療法を行うことが一般的です。 基礎疾患とそれに伴う症状の観察• 肺血管の破綻による気道内への出血 気管支拡張症 肺結核症 肺真菌症 肺梗塞 Goodpasture症候群 赤色 肺出血 いわゆる喀血。 体位ドレナージ中~終了後にかけて、起きやすいリスクを把握し十分な観察を行い、異常の早期発見・対処に努めたか• 循環動態変動のリスク• ちょっと汚いですけど、痰の色は必ず見るようにしてください。 精神不安定• 去痰薬や気管支拡張薬入りの吸入や水分摂取など加湿により痰の流動性を高める• 左下葉S9:側臥位(頭低位)となり、下肢側を50~60cm拳上する• ですので、まずは 末梢からの痰の移動を考えてみてください。 たったこれだけです。

Next

体位ドレナージの準備(排痰ケア)

私も難渋した無気肺には、 スクイージングと言われる手技や、 「カフアシスト」という機器を使用した排痰法を行ってきました。 動脈血ガス分析値(基準値:PaO2=80~100mmHg、PaCO2=35~45mmHg)• 電動式振動法(バイブレーション)、胸部軽打法(タッピング)、スクイージングの効果については、様々な意見がある 必要物品・準備 必要物品• 上~下葉区、後肺底区:腹臥位• 体位変換を行うため、 パルスオキシメーターで呼吸状態を確認しながら実施することが大切です。 ご質問のように人工呼吸器装着中で、さらに筋弛緩剤投与中であれば下側肺障害、無気肺のリスクが高まります。 左右下葉S10:腹臥位(頭低位)となり、下肢側を50~60cm拳上する 急性呼吸不全の患者の場合• 」 「痰は移動したけど、むしろ中枢部で閉塞してしまい、急激に酸素化が低下した」 なんてことにもなりかねないので、 フィジカルアセスメントは排痰前後の必須評価としてください。 しかし、 適切なアセスメントと看護が行えると、劇的に改善することもできますし、予防することもできます。 状態が変動しやすい• 体位ドレナージも排痰ケアの一つですが、私が行う際には患者さんに飲水を促し、室内の湿度を高く保つなどの環境を整えることも看護ケアとして取り入れていました。

Next