バジリスク絆2 月下殲滅。 【バジリスク絆2】設定5っぽい台で月下閃滅直撃から有利区間完走!奇数設定濃厚台を打ち切ったデータを公開します!!

【バジリスク絆2】設定6で月下閃滅に通常時から直撃!恩恵やいかに?!

完走後(13セット以降、13セット目は継続確定)は継続率50%以上、非継続時にエンディングが発生• 通常時の状態は「低確」「高確」「超高確」の3種類があり、規定ゲーム数を消化するまで継続。 特にプレミアムBC経由のBT開始画面は なんの設定示唆にもならない。 内部システムは各セットごとに継続率を持つ「シナリオ管理型」となり、滞在ステージが継続率を示唆。 9 110. 8とちょうど設定3. 設定1のAT突入時の期待枚数は約407枚ということで、狙いどころは 累積有利区間ゲーム数が500G~ に留めておいたほうが無難ではないでしょうか。 僕自身が打った内容ではBC比率が赤:青=38:21なのでかなり青より。

Next

【設定狙い】バジリスク絆2の設定6!驚異の27回BTに入れた結果。

基本的に前作の内容と同じである。 モード・内部状態によって当選率が変わる。 来年のユニバーサルカーニバル開催前後には打てそうです。 またBC消化中のレア役成立時もBT突入抽選を行う。 。 凄まじいモミ具合でしょう?特に設定6が確定した位からの後半なんてほとんど出玉が動いてない。

Next

Sバジリスク絆2 スロット

1号機の簡単な説明は)• 異色BCと同じく16G継続し、上位版BC「エピソードBC」に突入する可能性もある。 過去の出玉をまとめているサイトを見ると、ジャグラー系の次に勝率が高いのが絆2。 消費メダル期待値 :約-1. 継続率が一定のシナリオ• BC当選後は次回も 絆モード濃厚となるためかなり強力。 獲得した絆玉は争忍の刻開始時に消費される• ・・・そして、他のモードでは6スルーで天井を迎えることになるのですが 『テーブルNO. 5となっており、朧チャンス中にBC当選で朧チャンスが再度ループする。 ハマったけど冴え先の良いスタートですね。 4 今作も前作同様【 共通ベル・弱チェリー】に設定差が存在するが、参考になるのは弱チェリーのみ。 なお、絆高確テーブルは初回BT開始時に決定される。

Next

バジリスク絆2で白バジ降臨、月下殲滅やらなんやらやりたい放題した結果はいかに【6月27日実践】

その分、引けるとめちゃくちゃ強いのが6号機のフリーズ。 「絆玉」獲得の高確状態• 注目すべきは 『テーブルNO.5』と『テーブルNO.8』になるかと思います。 このBC中に 444人撃破来ました!! 設定4以上濃厚(確定?)ですね。 なお、月下閃滅はBT上乗せ特化型のBCとなっている。 ハズレでの昇格は設定6でのみ行われる。 超高確:75%• 「弦之介BC」中は撃破人数に注目!撃破人数が赤文字なら…!? こここらは 1回や2回でATに突入するも特に見せ場はなく 通常時の先に7告知、プレミア系演出からは多い気がするw こんな位しか見せ場なしでしたw そんな感じで、少しずつメダルを増やして実践終了に。

Next

バジリスク絆2のフリーズ(PBC)の確率、恩恵、実際に引いた結果と考察について

なお、ステージ矛盾による継続示唆などがあるため完全リンクではないので注意。 さらに、紫に光れば…!! 会社の給料に頼りっきりだと、コロナによる不況で会社の給料が下がったり、職を失ったりしたら明日の生活も危うくなります。 他の人がどこに行ったのか見渡してみると、結構ジャグラーに流れる人が多い。 奇遇で設定差があり、「設定6のみハズレ成立時」もモード昇格抽選を行う。 モードが上がるほどBC当選時のBT突入期待度がアップする。

Next

バジリスク~甲賀忍法帖~絆2 解析、攻略など

伊賀の屋敷を抜け出せればバジリスクタイム確定。 演出は弦之介BC(チャンス告知)・朧BC(後告知)・天膳BC(完全告知)から選択可能• 「具体的にどこが違うの?」 と言われると説明に困りますねw 本当に細かい挙動の連続なんで、雰囲気としか言えないですw 要所要所、なんか違うんですよね・・・ 夜にデータを見て、答え合わせをしたんですが とても設定6と言えるようなグラフにはなっていなかったので 自分で打ってないので断言はできませんが、今回は正解だったと思われます。 001% — — 瞳術揃い — 0. 2 通常時関連 概要 通常時はレア役成立からバジリスクチャンス当選を目指すゲーム性。 通常時の筐体上部LED振り分け BT非当選時 LED色 異色BC 同色BC 設定123 設定456 設定123 設定456 白 38. 左リール中段に紫、中リール中段に黄が止まればチャンス目となる。 テーブル選択率は不明ですが「設定6」ならCスタート・Dスタートが多いかと思います。

Next