がん闘病ブログ。 TOBYO : 胸腺がんの闘病記・ブログ 55件

みづきの末期直腸がん(大腸がん)からの復活の記録

私と代わってほしいよ」という言葉は、私に『自分のできることは何か』を問うものです。 C型肝炎からの肝硬変、そして肝臓がんへ。 だれでもいいですがあなたの助けが必要です。 余命宣告については、妻には告知しないことに決めました(このときは)。 勇敢にガンと戦う人々は、その厳しい闘病生活を記録に残そうとします。 娘の苦しみが私にも伝わりました。 人生が一変!これが俗に言う「十九ノ変」。

Next

がん 人気ブログランキングとブログ検索

考えてみると、 ・母親が以前、大腸がんにかかったことがある。 今回つくづく思った。 自分から死んじゃうんだったら、私、その命ほしいよ。 子どもたちの笑顔に出会い、元気をもらっています。 「治療法を親が選ぶのですか」と思わず聞きましたが、「彩里ちゃんが選べますか」との言葉が医師から返ってきました。 ステージ4• ただ仕事して食べて寝る。

Next

がんになりました【がん闘病ブログ】

これを約1年繰り返しました。 それには、安全な切除縁での腫瘍切除手術が最も重要です。 「スキルス性胃がん」についてわかりやすくまとめられていて、普通の胃がんとの違いや術後の食事についてなど細かに記載されていて、「闘病日記」としても「スキルス性胃がん」の解説としてもとても参考になります。 同じ病気と闘う方の闘病ブログはそのような点においても励みになりますよ。 色々と制約はありましたが、妻は「2回目の新婚旅行だね」と笑ってくれ、本当に心に残る思い出となりました。

Next

妻の末期大腸がん闘病記

生への思い、家族、学校のことなど、彩里の言葉とともにお伝えできればと思います。 放射線療法による副作用は小さな体には想像を絶するほどの苦痛です。 治療法の基本は原発の腫瘍を完全にコントロールすることです。 娘、妻、私・・ 一家ががんと戦い抜いた記録であるブログを遺したいという事・・。 肝臓がんは、初期症状がないことが特徴です。 目立った腫瘍は膝の裏にできているらしく、これが肉腫なのか粘膜腫なのか骨肉腫なのかが専門の医師でもわからないまま、「悪性」である事だけは判明しているので、現在抗がん剤治療が開始されている状態で10月に腫瘍摘出+人工関節置換術が行われることになりました。 何年か前からの【便潜血・要精密検査】を放置したツケが、S状結腸がんステージ3bでリンパ節転移という形になってしまいました。

Next

癌ブログ闘病記まとめ/部位・臓器別のがん一覧

私の場合はS状結腸だったが、もし直腸の場合、人工肛門による便意のコントロール等の問題で さらに数ヶ月以上、職場への復帰には時間がかかるという。 膵臓がんの闘病ブログ インミンの「すい臓がん」やて!? 趣味を楽しむことには適度に精神的なストレスを和らげ、免疫力を向上させるという作用があるからです。 最後は眠るように息を引き取りました。 ・部位別死亡数でも、大腸がんは50,600例で、肺がんに次いで2位。 入院 入院は手術の2日前になりました。

Next

大腸がんブログ

ブログタイトル通り、急性骨髄性白血病を発症し、型がフルマッチ(完全適合)するお兄ちゃんがいて、骨髄移植を受けるものの、3度の再発を繰り返し、現在はFLAG療法という化学療法を受けています。 人はいつか立ち直れる 妻のがんが発覚したときは既に 末期で余命5ヶ月でした。 このように肝臓は人が生きていく上で必要不可欠な作業を多く行っています。 彼の明るさと前向きな言葉に何度救われたでしょうか。 現在再発もなく肝臓がんを無事克服したブログです。 ただ、ただ、生きていて欲しかった。 誰もいなくなってしまった。

Next

TOBYO : 胸腺がんの闘病記・ブログ 55件

まとめ 膵臓癌と糖尿病との因果関係について少し説明していきましょう。 週3日2時間ずつ、体の状態に合わせながら、楽しい話や手芸など入院生活にリズムと張りがでました。 でも、家族でがんと戦ってきた中でどう接すればよかったのか、愛する人と限られた時間を生きることの意味を、私なりにみつけてきたつもりです。 治るために、私達は3年後の生存率が50パーセントという、弟からの骨髄移植を選びました。 治療が始まると、がん細胞ばかりでなく白血球も血小板も赤血球も減少し、輸血で補いました。 ステージ/IIIC期• 久しぶりに大泣きした。 それらの治療を受け、がんを克服した人、また闘病を続けている人のブログを紹介します。

Next

座ったまま絶命!「今」を生き抜いた女優深浦加奈子とは?

組織型/スキルス胃がん• すばみちの生きる道• 肝臓がんの原因はB型肝炎ウィルス、C型肝炎ウィルスからの慢性肝炎や肝硬変によるものがほとんどです。 そしてその手紙の中に「おまえの生き様を、命をかけてブログに書いたらどうか。 夫の前田朋己です。 看取りに関しては悔いはありませんでした。 骨髄で血液が造れなくなる病気でした。

Next