モンキー 125 タンデム。 【モンキー125でタンデム】「乗車定員=1名」のバイクを“タンデム仕様”にカスタムできるのか。

HONDA スーパーカブC125 :ゴージャスな装備満載!2人乗りできるのは日本仕様だけのオリジナル

開発陣には悪いがグロムと比較しちゃうのだ モンキー125は車体が大きくなってロードスポーツ感がアップ! スポーティに腰を落としてのライディングにもきっちり応える車体剛性を手に入れた 最初にことわっておきたいのが、今回の試乗車はまだ生産試作の段階で完成車ではないこと。 「搭乗者の構造変更」を、認める・認めない。 安全に使用・走行できることを確認してもらえば、基本的に下記【道路運送車両の保安基準 第26条】に基づき、「乗車定員=2名」と認定される。 の場合、「搭乗者の構造変更」のため、上記【道路運送車両の保安基準 第26条】に基づき、タンデムステップ、2人乗りできるタンデムもしくはキャリア、後ろのが安全に掴めるタンデムベルトもしくはタンデムバー、以上の3点を装着し、各に届ければOKかというと……。 それに伴いビッグスロットルボディーキットとインジェクションコントローラー、ベーシックマフラーで吸排気を整えている。 管轄するのは陸運局(運輸局)ではなく、各市区町村となる。 リアサスペンションを変更してタイヤをロードタイヤにし、インジェクションコントローラーで燃調を少し濃くしたら走りが変わりそう。

Next

ゴリラ風?モトラ風?なベトナム発のモンキー125カスタム!|ホンダ|MotorFan Bikes[モータファンバイクス]

「定員外乗車違反」は、道路交通法で2人乗りが禁止されている原付1種のタンデムはもちろん、乗車定員2名のでの3人乗り。 高強度ジュラルミン製。 モンキー125の装備は豪華です 原付二種カテゴリは人気が集中しているカテゴリだけにラインナップされている車両の装備もどんどん豪華になっています。 しかし、もしも改造が原因で事故が起こった時、責任の所在が不明慮になる等の問題が発生する。 法定速度を守り、ゆっくり楽しく走りましょう。 フロントは2ポッドキャリパーを採用しています。 現況、ほとんどのでは、「搭乗者の構造変更」に関する正式な手続き用書面を用意していない。

Next

HONDA モンキー125/ABS :7月12日発売のモンキーはグロムとはまったく別モノ!

そんな先代モンキーの生産終了から1年を待たずして登場したモンキー125。 ボディカラーは、パールネビュラレッドとバナナイエローの2色。 最終的にはポン付けの ハリケーンのキャリアにしました。 ただし、すべての原付2種(ccを超える中型&大型を含む)が、タンデム(2人乗り)できるわけではない。 なお、一般道路で2人乗りするには、バイクの運転免許証取得後の期間が、通算して1年以上の者に限られる。 私は燃費を測ったことがないですが、モンキー125を所有しているときは、給油回数も少なく、あまりガソリンを気にして走っていなかったですね。 1982年(昭和57年)に発売された、カブ系50ccエンジンを搭載したホンダ モトラ。

Next

【新車】ホンダ・モンキーが125ccになって復活。原付2種でも「タンデム不可」で、価格は39万9600円〜

ただしの「搭乗者の構造変更」は、基本的に陸運局(運輸局)の検査官に委ねられる部分が大きい。 この判断は、各市区町村の担当者によって異なる(担当者に委ねられる)のが実情だ。 前モデルでは足が地面に着いた状態でも膝が90度近くまで曲がっていて、ステップに足を乗せると膝がスイッチ類に当たってしまう悲劇が 泣 モンキー125ではステップに足を置いても膝とハンドルに余裕が出来ていました。 モンキー125には、先代の50㏄モンキーらしさがしっかり継承されていることを感じられたからだ。 モンキー125関連リンク. 今後アフターパーツメーカーがモンキー 125 用二人乗りキットを販売してくれるかもしれませんが、ユーザーが簡単な改造をして二人乗りにするのは難しそうです。 モンキー125用の社外リヤキャリア一例 Gクラフト製モンキー125用アルミリヤキャリア。

Next

【モンキー125(2018) 試乗インプレ】モンキーは本当に125ccになって帰ってきたのか!?

また、溶接などの技術的問題のに加えて、大きなとなるのは、上記カスタムの安全性を、「あまりに詳しくないかもしれない」「事故が起こった場合、責任を取りたくない」、各の担当者に納得させる必要がある。 )の制限を超えて乗車をさせ、又は積載をして車両を運転してはならない。 2人乗りを想定したモンキー125カスタム。 価格は8,499万ドン(約3,630アメリカドル、約41万円)。 )の制限を超えて乗車をさせ、又は積載をして車両を運転してはならない。 外装やなどの取り付けには工夫が必要ですが、強度の面や書類の面で考えるとこの方法が安心だと思います!。

Next

モンキー125ccのスペックや二人乗りでの乗り心地は?

50ccの原付1種は、道路交通法でのタンデム(2人乗り)は不可。 また、各への申請・折衝・認可、強度確保のための高度なカスタム術、搭乗者保険への加入(搭乗者の構造変更に関する保険会社との折衝も必要)等々、手間もお金も掛かる。 エンジンを中華製の125ccエンジン。 日本発のモンキーが海外でそこまで人気だったとは知らなかったが、日本人としては非常にうれしい限りだ。 サイドカバーをABS樹脂製で製作した。 タンデムステップ• このようにタンデム走行するため、これらのリヤキャリアを使って安全性を確保するためには、溶接などを駆使した各部の補強が必須となる。

Next