艦これ ss 深海提督。 艦これ283~284週目 艦これ深海サーカス千秋楽に行ってきました

提督「提督辞めてやろ!」

もしつくとしたら圧倒的に深海側のほうが有利だ。 それは、深海提督が、最初に諦めたものだった。 夕立「やっと捕まえたっぽい!」ハイライトオフ 提督「離れろ!」 提督はウィンドブレーカーを脱いで夕立を引き剥がす! 夕立「やられたっぽい!でも提督の上着はゲットっぽい!」クンカクンカ 吹雪「ちょっ、夕立ちゃんズルい!」 提督「どらぁ!」 吹雪が夕立に気をとられている間に吹雪を突き飛ばし、提督はバイクに飛び乗る。 万雷の拍手に、演者の方々、二回もステージに再登場してくれましたし……あれも凄かったなぁ。 何故かウサ耳をつけたまま駆け去っていく瑞鶴を追っていく内、三人はいつの間にか不思議な深海の世界に足を踏み入れてしまう……というお話。 深海提督の部下である深海棲艦は皆、彼を上官としては見てくれるものの、それ以上の関係は築かれなかった。 なお、私より綺麗に取れてる写真が沢山掲載されてますので、をどうぞ~。

Next

【艦これSS】【安価】提督「弱みを握られた…」

じゃあ、まるゆちゃん。 提督「やった、勝った!提督脱走完了、完!」 ガシッ 降り下ろした前輪を如月は片手で受け止め、前輪を反らそうとする。 私はブロックBだったので満潮役の宮川若菜さんを真正面から見ることができましたd(>< そうそう、今回のショーは音楽も大変気合入ってまして。 ) 提督は艦娘にお追い付かれるのはあっという間だった。 彼女は目を覚ました後、パニックに陥った。

Next

俺(深海提督)「ふぅ〜」

ツァを要所に配置するのが割とコスパ良いんだろうな。 これは、戦う意志がないことを表明するものであると同時に、砲口を突きつけられた朝潮にとっては、引き返すことのできない自殺行為でもある。 とにかく、深海の世界と深海棲艦を三次元の空間で見事に表現してくれました。 うわ、こう来たか~って思わず唸っちゃいました。 さーて、逃げるか。 あ、大淀、今日も一次会だけなの?門限が21時?真面目だねえ。

Next

【艦これSS】【安価】提督「弱みを握られた…」

更に駆逐艦の中でこの三人だけは改二。 軽巡洋艦の『北上』が旗艦をやっている。 その姿を、艦娘に見つかった。 軍や艦娘とは無縁の平和な日常を。 先程から素が出ているようだしな」 提督(うぇ、素が出てたのかよ。 無事、表のゲートをくぐると何やらロビーに人だかりが…… おや、村雨に神通さんと那珂ちゃんがいる。 その後、ぱたりと深海棲艦の攻撃がやんだ。

Next

提督「提督辞めてやろ!」

俺「長い間やっていなかったからな〜 覚えてるかなーキャラの名前ww」 なんてことを考えて【艦これ】を起動したところで 俺の意識は闇に飲まれた 1章 提督が着任しました 俺「う、ううん………」 ここはどこだ?見覚えのない天井、床、壁 俺は家でスマホを………… ?「………ヤット起キタカ?」 誰だお前は!…と言いそうになったが その相手の姿を見て俺は絶句した ?「ウム、目ガ覚メテソノ調子ダト大丈夫ソウダナ」 俺「アンタ、深海棲艦か?」 ?「良ク分カッタナ、ソウダ、名ヲ名乗ッテナカッタナ」 戦艦棲姫「私ノ名ハ戦艦棲姫ダ、貴様ノ名ハ何ト言ウノダ?」 俺(本名は言えねえな、こんな場所だと……… 何か偽名は………あれでいこう) 俺「俺の名はユタポンと名乗っておこう」 戦艦棲姫「………ホウ、ユタポント言ウノカ…ナカナカ面白イコトヲ言ウジャナイカ」 俺(そうだ、弱気になっちゃいけない、強気にならねば) 俺「………俺はこれからどうなるんだ?」 戦艦棲姫「…ヒトマズ会ワセタイ奴ガ居ルンダ、ソイツニ会ッテモラウゾ」 俺「OK分かった………んじゃそいつのとこまでよろしく頼んだ」 戦艦棲姫「フッ、貴様ニ言ワレルマデモナイ、案内スル、ツイテコイ」 俺は「へい」とだけ言って戦艦棲姫の後に続いた 俺(会わせたいやつって一体誰のことだ?そもそも何故戦艦棲姫がいる?姫級だけなら話せるというのか?イ級やヲ級、鬼級などもいるのか?………いや、考えるのはやめよう、頭がパンクする) そうこうしているうちに移動し終わったのか 戦艦棲姫が扉を開けて部屋に入った 俺も戦艦棲姫に続き部屋に入ろうとした すると… ?「……ッ!」 戦艦棲姫「コッチノ方モ元気ソウジャナイカ」 ?「………何よ」 戦艦棲姫「会ワセタイ奴ガイル、オイ、入レ」 見覚えのある姿があった いや、まさか…と考えて始め部屋に入り遅れた 戦艦棲姫「オイ!マダカ!」 俺「あ、ああ、今行くよ」 俺はびっくりしながらもおずおずと部屋に入った。 わけのわからない所に入れられ、不安が胸を圧迫していた朝潮にとって深海提督は、暗闇に差し込んだたった一筋の光だった。 丸一日眠った後、提督が深海棲艦のアジトについて尋ねる。 艤装の修理を頼む」 深海提督は朝潮に歩み寄り、話しかける。 悩んだ末に「よし、物販もペンライトも無しで行こう!」と決断。

Next

【艦これ・ヲ級SS】深海提督「何でお前らってこんなに弱いの?」深海棲艦達「………」

ただこっちを滅ぼそうとかは考えてないで。 前半三人組の危機に駆け付けた川内三姉妹も素敵でしたが、後半スリガオ海峡に迷い込んだ後が素晴らしかった。 見た目はただの女だが実際は歴戦の軍艦の力を持つ異形。 深海提督「いやだって駆逐艦とかいつも一発轟沈でしょ? どうなってんのこれ?」 ヲ級「…………」 深海提督「建造の時ちゃんと言ってるよね? いい資材を使えって。 お前のようにな。 しかし、三人は彼の鎮守府で駆逐艦の中では最強候補になっている。

Next

【大和SS】提督「艦娘が全員深海側のスパイだった」

旗艦はあの、深海提督の秘書。 磨鎖鬼が 「進むがいい あの海峡へ」と謳っていたので薄々来るかなとは期待してましたが! 背景の映像の中にぞわぞわと増えていく青い彼岸花。 提督は拳銃にマガジンを突っ込んだあと、急いでオフロードメットとゴーグルを着用してバイクを走らせた。 深海提督「どうやったら一発轟沈を防げるか! 並びにどうやったら駆逐艦と巡洋艦がまともな戦闘にありつけるか!」 深海提督「はい話し合い開始!!」 ザワザワ タ級「ハイ提督!」ビシィッ 深海提督「はいどうぞ!」 タ級「ソモソモ戦争シナケレバイイノデハ?」 深海提督「それ論外!! 出直してきなさい!」 チ級「ハイ提督!」ビシィッ 深海提督「はいどうぞ!」 チ級「機動力ヲ高メルトイウノハ?」 深海提督「機動力……なるほど、逃げて逃げて逃げまくるわけだな!」 深海提督「よし、やってみよう! 悪妖精!」 悪妖精「もうやっとるぜい!」カーンカーン 赤城「……前方に敵艦を確認、どうやら駆逐艦のようね。 提督「よし、今日も異常はないな。

Next

【深海棲艦SS】深海提督「着任したんでぇ、防衛開始しま~す」

朝潮はゆっくりと、お面を外した。 海を調査しても、見つかるのはせいぜい深海棲艦の死体ぐらいで、アジトも、生き残りも、見つからなかった。 それを、北上を初めとする鎮守府側の艦隊の各々は確認した。 提督「化け物め…」ギリッ そんな提督の背後から夕立が飛び出し、提督に抱き着く。 だが高校3年になってから艦これアーケードを始め、長い間やっていなかった【艦これ】をやろうと思い立ったのであった。

Next