エドガー ケイシー 療法。 ケイシーのがん治療

ケイシーのがん治療

よくよく聞いてみると、ママ先生の食事法は、ケイシーの食事療法と共通するところが多く、わたしには、これが正解だったような気がしています。 ちなみに、サワークリームは、生乳から採れる乳脂肪を乳酸発酵させたものを指し、こちらはオオバコ軟膏の材料として使えません。 エドガー・ケイシーの統合失調症に関する見解 エドガー・ケイシーは統合失調症に苦しむ人に多くの精神的なリーディングを与えました。 早速 途中略 温かい飲み物が欲しい季節になってきたので、ばっちりです。 それから、週2回は菊芋(エルサレムアーティチョーク)を摂ること。

Next

【コロナ防衛のための十戒】by 光田秀 : 毎日がエドガー・ケイシー日和

これが一番効果があるのです! できることをコツコツ続けるのが一番です。 よろしいか?それから両手をおしりに当てて、腰の脊椎の周りで弧を描くように、体を緩やかに動かしなさい」 1963-2 いくつかのリーディングで、エドガー・ケイシーは糖尿病の処置の中で補助的治療として腸の水治療を提案しました。 リンパ球が活性化され、免疫機能を高める。 私は、気になる部分をケイシー療法の辞書のような感覚で使っています^^ ケイシー療法とは エドガー・ケイシーのリーディングで健康や癒しにつながるリーディングをケイシー療法と呼ばれているようです。 同じ部位のがんであったとしても、リーディングが実際に指示している待機時間や照射部位はいくらかバラツキがあり、なかなか確信をもって待機時間や照射部位を決 めることができません。 これは冷所に保存する。

Next

【効果あり】ひまし油湿布(ケイシー療法)をアトピー体質の子供と私で試しました

実践された方の口コミが見当たらないため、実行に移すのに躊躇してしまいますが、大きな可能性を秘めた療法であることは間違いありません。 2:翌朝にオリーブオイルでシャンプーをする 3:ワセリンを頭皮にすり込んで終了。 特に血液を浄化する野菜であるレタス、ニンジン、クレソン、セロ リを強く勧めています。 水面を歩けたり、死者を蘇らせたりできない限り、妄想を処置するために使用される強力な抗精神病薬の1つを本当に必要としないということを精神科医に対して説得するために困難な時間を過ごすことになるでしょう。 オオバコ茶の作り方と用法については、次のように説明されています。 出典 [ ] []• 近年、デトックスや毒素の排出が身体にもたらす好影響がようやく認知され始めましたが、エドガー・ケイシーは100年以上前からこのことを提唱していたのです。

Next

エドガー・ケイシー フィジカルリーディングマガジン │ 統合失調症

昔、ひまし油は「キリストの御手」と呼ばれていましたが、まさにその働きは癒しの手。 おかげさまで、大きな尻もちをついてから悩まされていた背中とお腹の痛み、指先の痺れと鈍痛がすっかり消えました。 中略 あなたが、自分自身、そして自分と創造主との関係を発見したあとで、 この温湿布は3シリーズ行うべきであり、その発見なしに湿布は行うべきではない」 3492-1 とくにピュアなひまし油は、周りの環境や思いなどの波動を受けやすいと言われています。 7.妊娠並びに出産の合併症は統合失調症の原因に重大な役割を果たしている。 リンゴダイエット ケイシーは、腸の内壁に老廃物が付着したいわゆる「宿便」の状態は、そこから毒素が発生し、体内に吸収されることで、さまざまな身体の不調を引き起こすと指摘しました。 首歪みとり視力回復法は効果あり動画 今回は、視力回復に効果を発揮する エドガー・ケイシー流首の体操を紹介します。 「ライフ・リーディング」は、人の魂は死後も永遠に存在し続け、転生を繰り返すという神智学の思想を濃く受けたもので、自身が信教していたキリスト教の教義や現在の常識ではにわかには受け入れがたい概念を示し、滅亡をめぐるを語った。

Next

エドガー・ケイシー療法の食事療法

豚肉は決してとり過ぎてはならない。 よろしいか? それから運動。 。 いつかできるようになるかな) それでは、ごきげんよう! ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ありがとうございます。 これからもサポートよろしくお願いします。 この指示書の治療の項目には、菊芋を補助食品として利用する方法だけでなく、その目覚ましい効用の情報が記載されています。

Next

エドガー・ケイシー流首の体操で視力回復。首歪みとり視力回復法は効果あり

6.遺伝子な要素がしばしば統合失調症の進展に重大な役割を果たしている。 ウィキクォートに に関する引用句集があります。 一般的に言えばでんぷんや脂肪の多い食品、砂糖(白砂糖も粗糖も)、たん白質などは酸性食品であり、果物と野菜はアルカリ性食品である(若干の例外はある)。 そういえば癌が見つかる前の数年は、突然鼻血がぽたっと落ちてくることがよくあって、なぜだろう?と思っていたのです。 まさかと思いつつ、白血病を疑ったこともありましたが、白血病は血液のがんですから、遠からずだったわけで、鼻血は血液の「凝固能力の劣化」による症状だったのかもしれません。

Next